MENU

外壁塗装とは何か

外壁塗装とは何でしょうか?
家屋は、新築時には美しい状態ですが、紫外線や雨などの影響により、少しずつ劣化してしまいます。
高いお金をかけて購入したマイホームですので、いつまでも、快適な環境で暮らすことができるように、天候などにより、最も被害を受けやすい外壁に特殊な塗料を塗ることで、家の寿命を延ばすことができます。
それが、外壁塗装です。
外壁の状態が良くなければ、室内環境も悪くなります。
また、外壁がしっかりした状態でなければ、家の内部構造にも悪影響を及ぼし、シロアリなどが家を食いつぶしてしまうようなことにもなってしまいます。
また、壁が劣化しますと、美観が損なわれることにもなってしまいます。
ですから、外観を良くするためにも、外壁の塗装をすると良いのです。
外壁塗装の工事には、かなりの費用がかかりますので、より良い工事業者を選ぶことが大切です。
多くの人が、悪徳な業者に騙されて、泣き寝入りする状態になるとも言われています。
外壁塗装をする場合には、タイミングを考える必要もあります。
新築して間もなく、施工をすることは、望ましくなく、壁の劣化が始まる時期に、工事をする必要があります。
ご自身で外壁を見れば、劣化の状態はわかると思うのですが、家を購入した場合に、販売業者に、どの程度の頻度で、外壁塗装をしたら良いかを確認しておくとよろしいです。
そして、できれば、家を購入する場合に、外壁が強い材料を利用することや、より良い塗料を塗布してもらうようにすれば、いつまでもしっかりした建物を維持することができると思います。

 

 

外壁の劣化防止

外壁塗装をする目的は、家自体の劣化防止をすることです。
壁がしっかりしていない場合には、雨や紫外線などの影響を受け、少しずつ建物が傷んでしまうのです。
家を守るためには、悪い環境の要素を遮断してくれることが必要です。
日本は、雨が多く、外壁は常に、水分により劣化をする場合が多いです。
ですから、まずは、雨による悪影響を防がなければなりません。
外壁が雨によって、劣化してしまいますと、雨漏りなどが起きる可能性も高いのです。
そして、雨漏りに至らなくとも、壁が水分を含むことにより、シロアリなどが、家を食いつぶしてしまう可能性も高いのです。
そして、外壁が劣化をして、ひびなどができてしまいますと、家自体の安全性が確保できない状態になってしまいますので、地震の多い日本では、家の安全性が保てないような状況になることも考えられます。
マイホームは、高いお金を支払って、長い期間、返済をしなければならないような大きな買い物です。
大切なマイホームを守るためには、しっかりと家のメンテナンスをしなければなりません。
外壁塗装するだけで、劣化防止効果があるのか?と思う人も多いと思います。
壁を修理するよりも、塗装をした方が安い費用で済みますので、家を維持するという意味で、定期的にメンテナンスすることが大切なことです。
外壁がしっかりしていれば、室内空間も快適になり、塗料によっては、美しい外観を保つことができるのです。

 

 

家の外観を良くする外壁塗装

外壁が劣化しますと、家の外観・見栄えが悪くなります。
ひびが入っていたり、色落ちがあることにより、立派な住宅という印象が薄れてしまうのです。
外壁塗装をする場合には、劣化した部分を補修して、塗料を塗ることになります。
塗料には、色がついている場合が多いので、ご自身の希望する色を選択すればよろしいと思います。
センスの良い色を選択すれば、家の外観を保つことができますし、塗料の特性が良い場合などは、当然、外壁の劣化を防ぐこともできるのです。
高いお金を払って購入したマイホームですので、いつまでも美しい状態であることを誰しも期待することだと思います。
住宅を作る材質により、外部環境による、被害の受け方は変わると思います。
どのような材質でも、外部環境により、少しずつ劣化をしてしまいます。
外部環境の影響を受けにくい材質を選ぶことも重要なことですし、マイホームを購入した際に、外壁塗装などをしてもらうようにすれば、建物の寿命も延びると思われます。
立派な住宅だと、他人から思われるようにするために、家の外観キレイにすることはとても大切なことです。
また、見栄えだけを求めるのではなく、室内の環境を維持するためにも、外壁塗装は重要なことです。
家は、環境により、あらゆる被害を受けることになります。
紫外線や雨などの被害をダイレクトに受ける部分ですし、室内を保護するために重要な役割を果たすものです。
ですから、費用はかかりますが、家の外観や室内空間の快適性を求めて、定期的に外壁塗装をするべきだと思います。

 

 

外壁塗装で住宅保護

外壁は、住宅の中でも、外部に接する部分ですので、あらゆる環境により、劣化が激しい部分です。
より良い壁の環境でなければ、室内にも悪影響があり、快適な暮らしを送ることができません。
ですから、定期的に外壁塗装をして、住宅を保護するようにしなければなりません。
外壁塗装と一口に言いましても、屋根や壁などさまざまな部位がありますので、部位に応じた塗料などを利用すべきです。
素人ではわかりにくいので、施工業者に、相談するとよろしいです。
工事をしますと、耐久性や防水機能が高まります。
そして、断熱や防音効果もあります。
耐久性を高めるための塗料としては、アクリル系やシリコン系、そして、ウレタン系やフッ素系などがあります。
特にフッ素系の塗料は、雨や日光などの盈虚を受けにくくすることができますので、外壁の保護に適した塗料です。
住宅の材質によっては、水分や湿気に強くないものもありますので、塗料を塗ることにより、雨漏りなどを防ぐことができるのです。
そして、季節により、暖かい環境を求めたり、涼しい環境を整えたいと思います。
外壁塗装をすれば、断熱効果もありますので、常に快適な暮らしができます。
そして、日光により壁が劣化する場合もあります。
屋根などは、常に太陽光の影響を受けますので、劣化も激しいのですが、外壁塗装をすれば、日光による屋根の劣化か保護することができるのです。
壁は、劣化が進んできた状態ですと、素地を修復した上で、施工をすることになりますので、費用がとても高くなってしまいます。
ですから、壁の劣化が起きる以前に、外壁塗装をすべきです。

 

 

外壁塗装の契約方法を熟慮する

外壁塗装をする場合には、当然、契約をすることになります。
契約が良い条件でなければ、あとで泣き寝入りをしてしまうような状態になってしまうこともありますので、契約書や見積書については、しっかりと確認することが必要です。
悪徳業者の場合には、受注をするために、大幅な値引きをする場合や、契約を急ぐ傾向にあります。
他社の見積りと比べられますと、困ってしまうので、早めに契約を締結しようと思うのです。
そもそも、値引きといっても、最初の見積りが基準になります。
ですから、最初の見積りが高ければ、いくら値引きをしても、費用が高いということもありうるのです。
ですから、大幅な値引きをするような業者は避けた方がよろしいです。
少なくとも2〜3社程度の外壁塗装業者から見積りを取ることが必要だと思います。
そして、外壁塗装をした後の、アフターフォローもとても大切なことです。
外壁塗装をしましても、塗装がすぐにはがれてしまったり、外壁にヒビが入ってしまうこともあり得ます。
悪徳業者との契約をしますと、アフターフォローについての契約内容がなく、仕事をやりっぱなしで、万が一、なんらかの悪影響がありましても、契約書には書かれていないので、費用がかかるなどと言う業者も存在するのです。
ですから、契約をする場合には、細かいことも全てクリアできるような状態にしなければなりません。
せっかく、外壁塗装をしても、効果がないような場合も多く、多くの被害者が存在するのです。

 

 

リフォーム費用は、見積もりチェックで下げられる。

我が家は実家の3分の2を工事した大規模な改築を行いました。
トイレや浴室などの個別工事も良いと思いますが、今のリフォーム技術は、建て替えの様な仕上がりで、予算は建て替えよりも、費用面でもかなり安価です。
しかも、沢山の事例であったり、自分のイメージを伝える事で、イメージ以上のマイホームが実現出来ます。
我が家も、大規模改築でしたが、工程は建て替えと同じ様に、間取りから、外壁、内装などを自分で決められる為、建て替え感覚で、楽しみながらリフォームする事が出来ました。
我が家の場合は、実家をベースに二世帯として行ったのですが、費用は1500万円でした。
それでも最初の見積もりでは1900万円だった為、予算オーバーで諦めようと思っていました。
しかし、予算を伝えて、リフォームメーカーの方々のアドバイスによって、1500万円まで費用を下げる事が出来ました。
なぜそこまで下げられたかと言いますと、大規模改築だからこそなのかも知れませんが、最初の見積もりで、システムキッチンやトイレ、浴室などが一流メーカーだった事に気がつきました。
私は特に一流メーカーに拘っていなかったので、全てのものをワンランクグレードを下げさせて頂きました。
その結果、予算内でリフォームする事が出来ました。
実際に使用して見れば、メーカーのグレードは関係なくなります。
もしも、予算オーバーの場合は、メーカーを見直してみても良いと思います。

 

 

おすすめサイト

 

リフォーム費用どこ

 

こちらは、管理人のおすすめサイトです。
リフォーム費用を安くするためのコツや、リビング、トイレ、キッチン、和室、洋室、トイレ、浴室、洗面所・・・等などの工事の個別事例などが紹介されています。
少しでも安く増改築工事を行いたいと検討中なら、参考になると思います。
興味のある人は訪問してみると良いでしょう。

更新履歴